ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

管理費用とは

現在表示しているページの位置

管理費用とは

管理費用にはどんなものが?

マンションに適切に管理、使用するためには次のような費用がかかります。(管理費用の内容はマンションによって異なります。)

  • 共有部分の水道光熱費
  • 共有部分に係る損害保険料
  • 通信費(電話料)、郵便切手代
  • 諸設備の保守、点検費用
  • 建物・敷地内の清掃費
  • 補修・修理費
  • 消耗費・備品費
  • 管理委託費
  • その他の諸費用

管理費用は全員で負担します

  • 管理を行うためには色々な費用がかかります。
  • こうした管理費用について、区分所有法では、区分所有者が全員で負担すべきものと定めています。
  • 「自分が住んでいないから負担しない」などということでは許されません。

管理費等の計算

  • マンションを良好に維持管理する為の経費を積算し、それを1 ヶ月当りに平均化し、一定割合で各区分所有者の負担月額を決めているのが一般的です。
  • はじめから余裕をもって計算されていませんので、1 人でもこの支払いを怠るとマンションの健全な運営に支障をきたします。

管理費の使い途は決まっています

  • 一般的には、エレベーター等の共用設備の保守点検費や清掃費・管理委託費等、毎月の諸経費にあてられてます。
  • 修繕積立金は、将来の大規模修繕工事のための準備金として積み立てられています。

管理費等の支払い方法は

  • 区分所有法では、管理費や修繕積立金等の支払い方法についての定めはありませんので、通常は管理規約でこれを定めています。
  • 支払い方法で多いのは、預金口座自動振替により、翌月分を当月に支払う方法(前払い)です。

重要な収支予算の作成

  • 管理を行うための収入はほぼ決まっています。従って、収入をより効果的に使うためには予算が重要になってきます。
  • 毎年の収支予算案の作成は理事会の業務であり、総会の重要議決事項の1 つです。

収支報告は、収支予算の通信簿

  • 理事長は、毎年総会において事務の報告をしなければなりません。
  • この事務報告には管理費等の収支報告が含まれていることは当然です。
  • 予算通り収入があり、支出されているか、十分チェックする必要があります。
  • 収支報告書とともに、管理組合の会計年度末の財産状況を把握するための貸借対照表も重要な書類です。

管理費等は時には見直すことも必要です

  • 管理費等の収支内容によっては、管理費等を時々見直すことも必要です。
  • マンションの老朽化に伴い、想定していない修繕費等も出てくるため、当初設定した額では、月々の経費を賄えない場合も出てくるからです。
  • ときには値上げが必要になることを考慮に入れてください。

管理費等の滞納は困ります

  • 管理費等を支払うことは、区分所有者の法律上の義務です。
  • これを滞納するということは、区分所有者としての義務を果たしていないことになります。
  • 滞納は絶対に止めてください。
  • 滞納者に対しては、規約で、滞納損害金や駐車場の使用禁止を定めている場合もあります。

管理費を滞納したままマンションを売った場合

  • 管理費等を支払わずにマンションが売却された場合、前の区分所有者と新しい区分所有者のどちらに対しても滞納管理費等の支払い請求することが出来ます。
  • 「 売ってしまったから支払う必要がない」と言えないのがマンションの管理費です。
  • マンションを売却する時は、滞納している管理費等を精算することが原則です。
  • 「立つ鳥後を濁さず」の精神でいきたいものです。

関連会社公式サイト

  • 神鋼不動産
  • 神鋼興産建設株式会社
  • 神鋼不動産ビルマネジメントサービス
  • 城山開発株式会社
  • 神鋼不動産
  • 神鋼興産建設株式会社
  • 神鋼不動産ビルマネジメントサービス
  • 城山開発株式会社