グループ企業
COMPANY

グループシナジーを活かして、
地域の暮らしを支える企業へ

当社はコベルコグループ企業の中でも、不動産部門を一手に手がける神鋼不動産のグループに属する不動産管理会社です。
この総合的なグループ力を発揮することでお客様の多様なニーズにお応えすることができます。
また2018年より多彩な事業を展開する東京センチュリーグループ、中央日本土地建物グループの両グループとの関係を深め、この新しいグループ連携を活かしてより幅広いサービスを展開していくことを構想しています。

神鋼不動産グループ

GROUP SOLUTION

新たなステージに向けた
グループソリューションを。

  • KOBELCOグループ

    KOBELCOグループ

    長年にわたり培ってきた「モノづくり力」を成長の原動力とし、幅広い事業分野にわたる複合経営を展開しています。新興国など成長市場の需要に応える「鉄鋼アルミ事業部門」、国内トップクラスの「素形材事業部門」、溶接にまつわるトータルソリューションを提供する「溶接事業部門」、産業機械や圧縮機など幅広い製品を揃える「機械事業部門」、原子力、製鉄、インフラ、環境などに関わる「エンジニアリング事業部門」、電力の卸供給を手掛ける「電力事業部門」を展開しています。

  • 東京センチュリーグループ

    東京センチュリー
    グループ

    東京センチュリーは、リースをはじめとして、サブスクリプション、レンタカー、航空機、船舶、不動産、環境・エネルギーなど新たなサービス・事業を通して循環型経済社会の実現への貢献に取り組む金融・サービス企業です。約25,000社の顧客基盤の元、事業の成長に挑戦するお客様とともに、世界30以上の国と地域でビジネスを展開しています。「金融機能を持つ事業会社」として事業を通じた社会意義の高い取り組みを推進します。

  • 中央日本土地建物グループ

    中央日本土地建物
    グループ

    中央日本土地建物グループは、ともにみずほフィナンシャルグループに系譜を持つ日本土地建物と中央不動産とが経営統合し、2020年4月1日に発足した総合不動産グループです。
    両社それぞれが60年超の歴史の中で培ってきた経験、ノウハウをもとに、東京丸の内、京橋におけるオフィス賃貸事業をはじめ、市街地再開発事業、オープンイノベーションオフィス「SENQ(センク)」の運営、「BAUS(バウス)」ブランドによる住宅開発・分譲事業、CRE戦略支援を軸とした不動産ソリューション事業、資産運用事業を展開しています。